Opera用スクリプトの説明

このスクリプトを使うことで、下記の機能がOperaブラウザから使用可能になります。

Orbit V2.8.6のみに対応

Orbitの設定の”監視”から、Operaのチェックを外しても使用することができる。

”Download by Orbit”の機能強化

stage6の場合

下記のリンクからファイル名を付けて、直接ダウンロードできるようになる。

Youkuの場合

アドレスがhttp://f.youku.com/〜の場合、リファラを付けてOrbitに追加する。

また、Webサイトのリンクされていないアドレス文字(http://がない物やttp://のような物)を、ドラッグ(文字列をダブルクリックでも可)して選択し、その上で右クリックから”Download by Orbit”をクリックすると、アドレスとしてOrbitに渡し、ファイルをダウンロードすることが可能。

cookieには対応していない。

”Grab video by Orbit”の機能強化

下記の動画のリンク

のどれかを右クリックし、”Grab video by Orbit”を選択することで、直接GrabVideoで動画のページを表示することが可能。

YouTube・GoogleVideo・Dailymotion・metacafeの場合

タイトルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
Flash/ストリーミングキャッチャーで直接ダウンロード。
サムネイルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
GrabVideoでリンクのページを表示する。

ニコニコ動画の場合

タイトルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
ファイル名を付けて、直接ダウンロードする。
サムネイルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
動画のページをGrabVideoで表示する。
動画のページ上で”Grab video by Orbit”の場合
ファイル名を付けて、直接ダウンロードする。

取得に失敗した場合は、GrabVideoで表示します。

stage6の場合

動画のページ上で”Grab video by Orbit”の場合
ファイル名を付けて、直接ダウンロードする。

アドレスの最後にタイトルがない場合は、動画画面の左上にあるタイトル(ファイル名にしたい文字)をトリプルクリックし右クリックメニューから”Grab video by Orbit”を選択する

MNCAST(日本語サイトも可)の場合

タイトルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
動画の日本語サイトのページをGrabVideoで表示する。
サムネイルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
動画画面をGrabVideoで表示する。

Mgoonの場合

タイトルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
動画のページをGrabVideoで表示する。
サムネイルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
動画画面をGrabVideoで表示する。

PANDORA.TVの場合

タイトルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
リンクにページの情報がある場合は、ダウロード可能な動画のページをGrabVideoで表示する。
サムネイルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
リンクにページの情報がある場合はダウロード可能な動画のページを開き、ない場合はリンク先をGrabVideoで表示する。

Tudouの場合

タイトルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
動画のページをGrabVideoで表示する。
サムネイルリンクから”Grab video by Orbit”の場合
動画画面をGrabVideoで表示する。

ワイド化パッチと一緒に使うと便利

また、掲示板やBlogのリンクされていない動画のアドレス文字(http://がない物やttp://のような物)を、ドラッグ(文字列をダブルクリックでも可)して選択し、その上で右クリックから”Grab video by Orbit”をクリックすると、アドレスとしてGrabVideoに渡しサイトを表示することができる。

GrabVideoのウインドウ上で、同じように”Download by Orbit”や”Grab video by Orbit”を使用したい場合、GrabVideoはIEコンポーネント(IEの機能を使う為の部品)を使用しているので、InternetExplorer用のスクリプト変更パッチをあてることで使用することができる。

”Download all by Orbit”の機能強化

動画ダウンローderの”URLリスト”ウインドウの場合は、リファラを付けてOrbitに追加する。

スクリプトをダウンロードする

下記からOpera用スクリプトをダウンロードする。

Oeraブラウザ用スクリプト Ver 2.027

Orbit V2.8.6

前回Ver2.026の”my_menu.ini”を設定しいる場合は、”Download all by Orbit”の行(61行目)を入れ替えて設定し、”orbitopera.vbs”を上書きコピーする。

Orbitのバージョンの確認の仕方

スクリプトの設定

Operaの設定フォルダを確認する。

Operaについて

Operaのメニューから”ヘルプ”→”Operaについて”をクリックする。

”設定”のところを確認し、エクスプローラなどで”profile”フォルダを開く。

Operaを終了する。

”profile”フォルダにある”menu”フォルダを開く。

menuフォルダ

”menu”フォルダにダウンロードした圧縮ファイルから、my_menu.iniとorbitopera.vbsを解凍する。
一度、下記の設定をしておけば、次回からは”orbitopera.vbs”だけ解凍して上書きコピーし、”my_menu.ini”は前回のものが使用できる。(スクリプトのバージョンアップがあった場合は再度設定が必要)

my_menu.ini

UTF-8Nに対応したテキストエディタで、「my_menu.ini」ファイルを開く
Windows2000・WindowsXPの場合はメモ帳を使用できる。

menuフォルダのパスをコピー

赤い枠の”menu”フォルダのアドレスをコピーする。

my_menu.iniに書いてある、「ここにmenuフォルダのパスを貼り付ける」を削除して、上でコピーした”menu”フォルダのアドレスを貼り付ける。
"(ダブルクォーテーション)は削除しない。

同じように下にある7つにも、コピー&ペーストする。
右クリックメニューに表示したくないものは、行の先頭に;(セミコロン)を挿入する。

全部で8つ修正し終わったら、上書き保存する。

テキストエディタを閉じる。

すでにコンテキストメニューを編集している場合は、my_menu.iniから必要な行をコピー&ペーストする。

GrabVideo.exe

Orbitをインストールしたフォルダをエクスプローラなどで開き、そのフォルダにダウンロードした圧縮ファイルから”GrabVideo.exe”を解凍する。

ワイド化パッチを使う場合は、V1.5.6用のワイド化パッチを使用する。

Operaの設定をする

メニューの設定

Operaを起動し、メニューの”ツール”→”設定(R)”で設定画面を開く。

”詳細設定”タブの”ツールバー”を選択する。

詳細設定

メニュー設定のMyMenuを選択し、”OK”ボタンをクリックする。

これでOperaブラウザ用スクリプトの設定は終了です。

ファイルタイプの設定

ファイルタイプにOrbitの設定があるか確認する。

ダウンロード

設定画面の”詳細設定”タブの”ダウンロード”を選択する。

ダウンロード

”Operaで開くファイルタイプを表示しない”のチェックを外し、検索窓に”text/orbit”と入力する。

何も表示されない場合は、”追加”ボタンをクリックしOrbitの設定をする。

ファイルタイプ

”MIME タイプ”に”text/orbit”と入力し、”他のアプリケーションで開く”をチェックしてOrbitをインストールしたフォルダの”orbitdm.exe”を選択する。

”OK”ボタンをクリックして設定を完了する。

Topに戻る